• 近畿の国立病院
  • 受診ガイド
  • 採用情報・学生募集
  • 入札のご案内
  • 当グループについて
  • アクセス

助産師・看護師

ホーム > 採用情報・学生募集 > 助産師・看護師 > 先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージ

一生懸命、まっすぐに。私たちからのメッセージです。

■ 敦賀医療センター

地域に根ざした病院であり、新人教育が充実していることに惹かれ就職しました。現在外科病棟で勤務しています。手術を受ける患者さんが安心して手術が受けられるように関わる事や、術後良好な経過を辿れるよう看護していく事の大切さ、難しさを実感しています。その中で看護の力で回復していく姿をみるととても嬉しく、やり甲斐を感じます。悩むこともありますが、先輩方の手厚いサポートのもと充実した日々を過ごす事ができています。

優しさをかたちに!!

優しさをかたちに!!

敦賀医療センター(柴田益佳)

柴田 益佳
入職年:平成29年
病棟:2階病棟

▲ ページTOPへ

■ あわら病院

私は、重症心身障がい児(者)への看護がしたくて、あわら病院に就職しました。重症心身障がい児(者)は、身体の変形や関節の拘縮があり、最初はケアを行うことにとても不安がありました。しかし、先輩方が丁寧に教えてくれるので、少しずつですが一人で行えることも増えてきました。患者さんと接する中で学ぶことも多くあり、また患者さんの笑顔を見るとうれしい気持ちになります。ぜひ一緒に働いてみませんか。

笑顔はあわら病院の力です 

笑顔はあわら病院の力です 

あわら病院(笹原 夕貴)

笹原 夕貴
入職年:平成29年
病棟:4階病棟

▲ ページTOPへ

■ 東近江総合医療センター

私は呼吸器外科・循環器内科病棟で看護師1年目として働いています。当病棟では、主に肺がんや心不全の患者さんを対象に手術や検査前後の看護をおこなっています。患者さんの情報からアセスメントすることが難しく悩むこともありますが、PNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)が導入されているので困ったときはいつでもすぐに先輩に相談できます。先輩に指導を受けながら患者さんに寄り添った看護ができるよう日々頑張っています。

チームカンファレンス

チームカンファレンス

東近江総合医療センター(大林 夏帆)

大林 夏帆
入職年:平成29年
病棟:東2病棟

▲ ページTOPへ

■ 紫香楽病院

私は平成29年4月に入職し、高齢者医療を中心とした病棟で勤務しています。様々な疾患を合併している患者さんが多く、患者さんの思いを大切し少しの変化でも気づけるよう、日々勉強しながら関わっています。初めて行う看護援助や技術、夜勤等について不安やわからないことばかりでした。しかし、先輩方の優しく丁寧な指導を頂き、一人で行える援助も増えてきて日々楽しく働いています。ぜひ私たちと一緒に働きましょう。

患者さんの思いを大切に

患者さんの思いを大切に

紫香楽病院(旧兵庫青野原病院)(澄田 早衣子)

澄田 早衣子
入職年:平成29年
病棟:3階病棟

▲ ページTOPへ

■ 京都医療センター

私は急性期看護に興味があり京都医療センターを希望し、現在循環器内科・心臓血管外科の病棟で勤務しています。入職した当初は日々の患者さんの変化についていけず戸惑うこともありました。しかし半年がたちできることも少しずつ増え、患者さんから感謝の言葉や、笑顔を見ることができた時、とてもやりがいを感じています。先輩方に日々指導をいただき、学ぶことに楽しさを感じながら働くことができています。当院で是非一緒に働きましょう。

急性期医療を支えるプロフェッショナル

急性期医療を支えるプロフェッショナル

京都医療センター(小谷 実希)

小谷 実希
入職年:平成29年
病棟:第二病棟7階

▲ ページTOPへ

■ 宇多野病院

私は実習の際に、当院の看護理念である「患者さんとともに歩む看護」を実感し、宇多野病院に就職を決めました。病棟では先輩看護師とペアになって動いていますので、とても安心です。また、1つ1つの看護について相談しやすく自らの看護を深めることができています。患者さんに安心感を与えられる看護師になれるよう、患者さんとの時間を大切にし、頑張っていこうと思います。皆さんも一緒に患者さんひとりひとりに向き合う看護をしてみませんか。

中庭の散歩

中庭の散歩

宇多野病院(久徳 まど太田 悠也)

太田 悠也
入職年:平成29年
病棟:3-2病棟

▲ ページTOPへ

■ 舞鶴医療センター

私は消化器外科や脳神経外科の外科系混合病棟に勤務しています。手術前の不安や手術後の苦痛は患者さん一人ひとり異なり、どうすればよいのか悩むことがあります。悩んだ時は先輩方に相談すると優しく指導して頂けます。徐々に回復され元気になっていく姿をみるとやりがいや楽しさを感じます。患者さんの気持に寄り添った看護が行えるよう、一人ひとりとの関わりを大切にしています。当院で一緒に働き自分の看護を見つけませんか。

未来を一緒に見つめて

未来を一緒に見つめて

舞鶴医療センター(谷口 美沙)

谷口 美沙
入職年:平成29年
病棟:B-5病棟

▲ ページTOPへ

■ 南京都病院

私は南京都病院での実習をきっかけに、希望していた重症心身障がい児(者)病棟に配属になりました。重心看護が自分にできるか不安や戸惑いもありましたが、先輩方の丁寧な指導のもと、だんだん患者さんとの距離も近くなり、1人でできる看護技術も増えてきました。個別性のある看護をどう実践していくかを、病棟全体で考えて実施していけるところに魅力を感じながら、日々楽しく看護を実践しています。

患者さんの気持ちを大切に

患者さんの気持ちを大切に

南京都病院(福井 悠夏)

福井 悠夏
入職年:平成29年
病棟:西病棟1階

▲ ページTOPへ

■ 大阪医療センター

災害・急性期看護に興味があり、自分の行いたい看護ができる当院を選びました。ICUに配属になり、初めは慣れない電子カルテの操作や患者さんのアセスメント等に戸惑いましたが、先輩方の指導のおかげで、できることが増えました。私は、患者さんや家族の気持ちに寄り添った看護がしたいと思い看護師になりました。ICUでは、患者さんを自分の大切な人と同じように思って看護をしています。目指す看護ができる当院で一緒に働きませんか?

患者の“意思決定”を支える

患者の“意思決定”を支える

大阪医療センター(黒田 奈月)

黒田 奈月
入職年:平成29年
病棟:ICU

▲ ページTOPへ

■ 近畿中央胸部疾患センター

近畿中央胸部疾患センターは、慢性的な患者さんが多いと思っていました。しかし私の勤務している東4階病棟は肺がん患者さんが多く、抗がん剤を短い入院期間を繰り返しながら受けている患者さんと緩和ケアを提供している患者さんがいます。先輩方が丁寧に教えてくださるので安心して学べます。私は病院の近くで初めての一人暮らしを始めました。大阪に約30分で行けるので、ショッピングや友達との食事会を楽しんでいます。

呼吸器の学習をしっかりしています。

呼吸器の学習をしっかりしています。

近畿中央胸部疾患センター(北野 杏奈)

北野 杏奈
入職年:平成29年
病棟:東4階病棟

▲ ページTOPへ

■ 刀根山病院

筋ジストロフィー病棟に勤務して7カ月が経ちます。最初は患者さんの声を聴く事が難しく、手を数センチ動かす体位調整だけでも1時間かかることがありました。しかし、日々先輩看護師と共にケアをすることで少しずつ患者さんの想いや言葉を理解できるようになり、ありがとうと言われることがうれしいです。患者さんの小さな変化に気付く事ができる看護師になるためにこれからも頑張りたいと思います。みなさんも一緒に働きませんか。

朝のラウンド場面

朝のラウンド場面

刀根山病院(芝田 麗奈)

芝田 麗奈
入職年:平成29年
病棟:B棟(わかば病棟)

▲ ページTOPへ

■ 大阪南医療センター

手術室の勤務では、最初は慣れないことが多く、不安と緊張ばかりでした。
しかし新人教育・研修体制が整っており、手術室内でもスタッフみなさんの熱心なご指導によって、少しずつ成長できていると思います。看護は難しいと思いながらも、できることや任されることが徐々に増えていくにつれて楽しく、やりがいも感じられます。
当病院では急性期から終末期の様々な患者さんと接することができるため、自分の目指す看護を見つけることができると思います。

器械だしの準備をしています

器械だしの準備をしています

大阪南医療センター(靏野 千香子)

靏野 千香子
入職年:平成29年
病棟:手術室

▲ ページTOPへ

■ 神戸医療センター

私は、消化器科内科病棟で勤務しています。入職当時を思い出すとワクワクした気持ちとともに、わからない事ばかりで不安な毎日でした。先輩方に根拠をふまえてわかりやすく指導していただき、半年過ぎた頃から1人でできる技術が増え、患者さんと関わる時間も多く持てるようになりました。「いつも優しく話しを聞いてくれてありがとう」と言われたことが嬉しく、患者さんの思いを聴き丁寧な看護ができるよう心がけています。

患者さんの思いに寄りそう看護

患者さんの思いに寄りそう看護

神戸医療センター(今給黎 瑠茄	)

今給黎 瑠茄
入職年:平成29年
病棟:5階東病棟

▲ ページTOPへ

■ 姫路医療センター

混合病棟で勤務し、勉強することが多くて大変ですが、その分やりがいを感じ充実した毎日を送っています。附属の看護学校卒業ではないため、うまくやっていけるか不安でしたが、心強い同期の仲間や優しい先輩に支えられ頑張っています。日々の看護をリフレクションする大切さを学び、患者さんの思いを意図的に引き出しながらその思いや反応を大切にした看護を心がけています。私達と看護を語り一緒にがんばっていきましょう。

支えます。笑顔とあたたかい手で!

支えます。笑顔とあたたかい手で!

姫路医療センター(大前 由菜)

大前 由菜
入職年:平成29年
病棟:D-2病棟

▲ ページTOPへ

■ 兵庫あおの病院

重症心身障がい児(者)病棟で勤務しています。言語での意思疎通が難しい患者さんの日々の観察を行い、気管切開や人工呼吸器を使用している患者さんの呼吸管理や排痰を促す援助を実践しています。微小な変化に気づく事の難しさを実感しながら、安全安楽のもと、一人一人にあったポジショニングやケアを考える事に、とてもやりがいを感じています。患者さんとじっくり関わりながら、生活を支える看護を一緒に実践しませんか。

チームワークで行う呼吸リハビリ

チームワークで行う呼吸リハビリ

姫路医療センター(井上 舞)

井上 舞
入職年:平成29年
病棟:東3病棟

▲ ページTOPへ

■ 兵庫中央病院

私は神経内科病棟に勤務しています。日常生活を支える援助が主な看護です。自分の思いを伝えることができない方が多いですが、多様なコミュニケーション方法で毎日楽しく患者さんとコミュニケーションを取りながら、その人らしい個別性を踏まえた援助を行っています。優しい先輩方に丁寧な指導を受けながら、慢性期看護で重要な小さな変化への気付きを大切に頑張っています。笑顔あふれる当院で一緒に働きませんか。

患者さんと文字盤を使って

患者さんと文字盤を使って

兵庫中央病院(的塲 美歩)

的塲 美歩
入職年:平成28年
病棟:■南2階病棟

▲ ページTOPへ

■ 奈良医療センター

今年の4月から重症心身障がい児(者)病棟で勤務しています。苦痛や欲求をことばで伝えることが難しい患者さんが多く入院されており患者さんの立場にたって、小さな変化に気づけるよう観察することが大切だと日々、痛感しています。先輩方の丁寧で優しい指導のもと、1つずつできることが多くなり嬉しさや、やりがいを感じています。
患者さん一人ひとりとじっくり関わり、患者さんと共に成長できることができる当院で一緒に働きましょう!!

「生きるチカラ」を支える

奈良医療センター(林 咲希)

林 咲希
入職年:平成29年
病棟:1B病棟

▲ ページTOPへ

■ やまと精神医療センター

私の勤務している精神療養病棟では、長期入院の患者さんが多く、病棟は生活の中心の場となっています。患者さんの心身の健康を支え、少しでも充実した生活を送って頂くことができるよう、先輩方に指導を頂きながら日々看護に励んでいます。病棟は笑顔が多く和やかで、とても働きやすい環境です。経験豊富な先輩が多いため、安心して成長することができます。是非一緒に、やまと精神医療センターで働きませんか。

社会技能訓練(SST)風景

社会技能訓練(SST)風景

やまと精神医療センター(岩本 沙耶香)

岩本 沙耶香
入職年:平成29年
病棟:1-2病棟

▲ ページTOPへ

■ 南和歌山医療センター

脳外科病棟で看護師1年目として働いています。意識レベルの低下や麻痺により意思疎通や体動が困難な患者さんと関わる機会が多い病棟です。手術を受ける患者さんも多く、悩む事もありますが、先輩の指導を受けて少しずつ一人で出来る事が増えています。多くの経験と勉強をさせて頂きながら、患者さんからの感謝の言葉や笑顔がとても嬉しく感じます。初心を忘れず、患者さんに寄り添う看護が出来るように一緒に頑張ってみませんか?

患者さんに寄り添う看護

患者さんに寄り添う看護

南和歌山医療センター(川上 翔)

川上 翔
入職年:平成29年
病棟:5階西病棟

▲ ページTOPへ

■ 和歌山病院

私は、和歌山病院での実習を通じて感じた、スタッフ間、看護師・患者間の和やかな雰囲気や教育体制に魅力を感じ、就職を決めました。実際に、新人研修だけでなく院内・病棟内での勉強会も多く、臨床と講義から多くの学びを得ることができています。先輩方の根拠をふまえた丁寧な指導のもと、少しずつできることが増え、患者さんと向き合う難しさ、楽しさを感じながら充実した日々を送っています。ぜひ私たちと一緒に働きましょう。

先輩のサポートで安心です

先輩のサポートで安心です

和歌山病院(柏木 彩花)

柏木 彩花
入職年:平成29年
病棟:2階北病棟

▲ ページTOPへ

このページの先頭へ