• 近畿の国立病院
  • 受診ガイド
  • 採用情報・学生募集
  • 入札のご案内
  • 当グループについて
  • アクセス

事務職員

ホーム > 採用情報・学生募集 > 事務職員 > キャリアイメージについて

キャリアイメージについて

業務評価制度や選考試験など、努力が報われるキャリアアップ制度。

国立病院機構近畿グループでは、目まぐるしく変化する日本の医療業界において、個々の病院が高い社会的評価を受けながらも健全な経営を行うために、病院の中心となって経営戦略を企画・実行できる事務部門を構築することを目的として、事務職員の人事異動を行っています。
具体的には、大きく分けて3つの視点から異動計画を作成しています。

  1. 1. 職員一人ひとりが知識に裏付けられた高い専門性、的確な判断力、
    着実な実行力などを身につけるため、様々な業務経験を積むということ。
  2. 2. 各病院の機能強化のための人材ニーズに応えること。
  3. 3. 各職員が安心して働くことができるよう、 ワークライフバランスにも配慮すること。

キャリアイメージについて

クリックで拡大

これらを実現するために、職員からは業務に関する意向や配慮してほしい家庭事情などを申告する調査票を提出してもらい、職員のキャリア形成のために役立てています。
日々の業務を行ううえでも、上司と部下のコミュニケーションをより活発化し、有益な人事考課を行うための業績評価制度(※1)を導入しており、職員のインセンティブ向上のため、評価結果は給与にも反映する仕組みになっています。
また、現在は、一般職員から係長に昇任するためには選考試験(※2)に合格する必要がありますが、公正かつ適切な昇任候補者の抽出のため、今後はより上位の役職への昇任についても、選考試験の実施を検討しているところです。
職員が自分の能力を発揮でき、努力が報われる職場であるために、今後も様々な課題に取り組んでいきたいと考えています。

※1 業績評価制度

評価者とのヒアリングを経て各職員が1年間の業務目標を設定し、期間終了後、業務目標の達成度などについて評価を行います。評価する際には、職員は自己評価を行い、評価者は自己評価も参考に最終評価を決定することになります。
評価結果は業績手当(ボーナス)や年1回の昇給に反映します。

※2 係長任用候補者選考

係長に昇任するためには選考に合格する必要があります。選考の方法としては、業務に関する知識を問う筆記試験や、1つのテーマに沿ってプレゼンテーションを行う面接試験などがあります。

職員のキャリアを支える各種制度

育児のためのバックアップ

育児休業
3歳未満の子の育児のために取得することができます。国立病院機構近畿グループでは、現在250名以上の方が取得しています。また、男性で育児休業を取得される方もいます。
子の看護休暇
小学校入学前の子が病気などにかかった場合や、予防接種・健康診断を受けさせる場合など、1年につき5日まで取得することができます。
育児短時間休業
小学校入学前の子の育児のために、職員が希望する曜日・時間帯で、週20時間程度の勤務とすることができます。19年度に新たにできた制度ですが、年々取得する方が増えています。
育児を行う職員の早出遅出勤務
保育所の送迎時間などを考慮し、小学校入学前の子の育児をする職員が希望する場合、通常の勤務時間帯によらず、早出遅出勤務とすることができます。
育児時間
小学校入学前の子の育児のために、職員の希望により、1日につき2時間以内の時間を勤務しないことが認められます。
病院内保育所
近畿グループ内の20病院のうち、15病院には病院内に保育所があります。保育所によっては病児保育や24時間保育を行っているところもあります。

キャリア形成その他のバックアップ

自己啓発等休業
職員が自発的に職務を離れて大学などでの修学や国際貢献活動を行うため、最大で3年間取得することができます。
介護休業
家族の介護のため、6月以内で取得することができます。
メンタルヘルス相談室
職員の心の健康をサポートするため、職場や家庭などの悩みについて心理療法士が相談を受けます。
ボランティア休暇
1年に7日まで、ボランティアを行うために取得することができます。

このページの先頭へ